クラウドソーシング

コツをつかめば大丈夫。育児しながらの在宅ワーク

在宅ワークを始めてみたいけれど

うちは子どもがまだ小さいから難しいかな

と諦めていませんか?

確かに小さい子どもがいると、在宅ワークが思うように進まないこともあります。

でもちょっとしたコツさえつかめれば、小さい子どもがいても在宅ワークを継続することができるようになります。

子ども3人育てながら在宅ワークを初めて7年目の経験から、子育てしながらの在宅ワークをするコツについてまとめてみました!

子どもとしっかり向き合う時間を用意する

やらなければならない仕事があると、つい子どもとの遊びも片手間になります。

でもこうした「片手間感」というのがしっかり子どもには伝わっていて、こういうのが続くと 「ちゃんと遊んで!」 と爆発したり、やたら聞き訳が悪くなったりします。

子育てをしている方なら、多くの方がこのご経験があるのではないでしょうか。

ガッツリと仕事時間を確保したいなら、ガッツリと子どもと遊ぶ時間を確保する

ということを意識すると、子どもが起きている時間も少し仕事に集中できる時間が持てたりします。

日頃から子どもとの間に「遊びの貯金」をしておきましょう

緊急時用の策を用意しておく

クライアントとの電話だったり、ビデオ会議でどうしても子どもに静かにしてもらいたい時用に普段は使わせないオモチャを用意しておきましょう。

当然高価なものは毎回用意できないので、私は100均の粘土やシール、その他本人の好みそうなものを適当にいつも仕入れといています。

(でも一番おとなしくしてくれるのはお菓子だったりするんですけどね…。)

↓オモチャのサブスク、おもちゃのレンタルサービスなどもあるので、こういうのを利用するのも一つの手ですね。

在宅でも身だしなみは整えスケジュールを組む

「クライアントとテレビ電話をするわけでもないから、部屋着のままでいいだろう」

と思いがちですが、きちんと顔を洗って洋服を着替えておきましょう。

在宅ワークは、オンオフの切り替えが難しいので、外見をしっかりと整えることで仕事モードのスイッチを意識的に入れると気も引き締まります。

 

また 「在宅ワーク」=好きな時にできる というのが最大のメリットでもありますが、自己管理ができないと当然ながらクライアントからの評価は下がります。

子どものその日の体調や、年齢、お昼寝時間によってスケジュールをその時に合わせて調整しながら進めましょう。

身体を使っている時は、頭で仕事

子どもがいると長い公園遊びに延々と突き合わされたり、家に帰ってもなかなか自由にさせてくれませんよね。

私も長男、次男が電車好きで毎日ひたすら電車を見るのに付き合わされました…。

でもこの身体的に拘束されているけど頭の中は暇という時は、できる限り頭の中で仕事をしていました。

文章の構成を考えたり、案を練ってみたり、今後のスケジュールを確認したり。

料理中や洗濯物を干すときなど、使える時間はとにかく使って「いざ仕事!」という時にパッと始められる状態を作ってみましょう。

仕事時間が確保できなかったときの案を考えておく

小さいお子さんをお持ちの方は、色んな事情が重なって仕事時間が確保できないということも多いと思います。

こういう時用に、どこで仕事時間を確保するのかを前もって準備しておくことをおススメします。

私の場合は、夫が1週間のうち1日は半休が取れるのでそこで子どもを夫に預けることができるので、夫と予定を調整しながら必要な時は半休を取ってもらいます。

  • 近くに祖父、祖母が住んでいるなら、事情を話しておく
  • 一次預かりの保育所に登録を済ませておく
  • ベビーシッターを利用する

などして、どうしてもという時に仕事時間を確保できる手段を用意しておきましょう。

いざという時の預け先を確保し、普段から利用して子どもを慣らしておこう

「余裕」が仕事の質を高める

小さいお子さんがいると急な発熱や病気がつきものです。

また時には自分が体調を崩してしまうこともあると思います。

その時に仕事をぎっしり入れてしまっているとどうにもこうにも回らなくなりパンクしてしまいます。

当然クライアントにも迷惑をかけてしまい、自分の評価を下げてしまうことにもなりかねません。

在宅ワークは、同僚がいない分、仕事量やスケジュールを全て自分で管理しなければなりません。

不測の事態にも耐えられるように、仕事量は少し少なめにしておくことが、あなたの評価の安定性につながります。

小さな子供がいる方は、急なことに対応できるように仕事は5~6割ぐらいに留めておくこと