クラウドソーシング

Upworkの支払い方法を解説!稼いだお金をどうやって引き出すの?

海外のクラウドソーシング、Upworkで稼いだお金はどのように引き出せるのか解説します。

引き出せる金額を確認する

Upworkでは、時給払いプロジェクト払いマイルストーン払い、の3つの支払い方法があります。

そのうち、「プロジェクト払い」と「マイルストーン払い」は、納品してクライアントが了承した時点で引き出し可能となります。

「時給払い」の場合だと、翌週Upworkからクライアントに請求書が届き、翌々週に支払い可能になります。

現在引き出し可能額がいくらなのか確認するには

1.Upworkにログインする

2.上のメニューバーより「REPORTS」をクリック

3.「Available」にある金額が現在引き出し可能な金額

 

上記の例だと、$432.00が現在引き出しな金額です。

ちなみに稼いだお金は、$1,000まで引き出さずにUpwork上に置いておけます。

継続的にUpworkを使う場合は、お金を引き出すごとに手数料がかかるため、

ある程度まとまってから引き出すことをお勧めします。

ただし、180日間経過すると予め決めておいた送金方法で自動的に送金されてしまうので注意しましょう。

 

支払先を設定する

いくつか方法はありますが、ここでは

  • PayPalを使った方法
  • 日本の銀行に直接振り込む

上記2通りを説明します。

支払い方法を設定する際は、

メニューバー上部のREPORTS>画面右のAvailable>View Payment Setting」から行います。

すぐ引き出す場合は「Get Paid Now」を押します。

 

PayPalを使った方法

PayPalを使う場合は、事前にPayPalアカウントを作る必要があります。

PayPalは、新規登録料、年会費、ショッピングでの支払い手数料、個人間の送金がすべて無料です。

先ほど

メニューバー上部のREPORTS>画面右のAvailable>View Payment Setting」で

下の方にある「Add Method」でPayPalを選び、ご自身のPayPalアカウントを設定してください。(下記画面の場合は、すでにPayPalで登録済みになっています)

UpworkからPayPalへの送金手数料は、2ドルかかります。

そしてPayPalから日本円で出金する際、換金後の金額が50,000円以下だと250円、50,000円以上だと無料になります。

PayPalにはドル通貨のまま支払われるので、日本円に換金したい場合は、為替レートを見て円安の時に日本円に換金することをお勧めしますが、この日本円に換金するタイミングで手数料3%が通貨換算手数料としてかかります。
PayPalから日本の銀行へ出金するタイミングは、自分で決められるのでレートを見ながらゆっくり換金ができます。
また、PayPal上でそのままドルとして保有することもできるので、ドルを使う予定がある方は、換金せずにそのままドルとして持っておくのも手ですね。

日本の銀行に直接振り込む

日本の銀行に直接振り込みをする場合は、送金手数料として$0.99かかります。
ただし、これはその時の為替レートで計算された金額が日本円で振り込まれるので、
為替レートを見て円安が進んでいる時に送金手続きをしましょう。

  • PayPalは、UpworkからPayPalの送金時に手数料が2ドル。PayPalからの引き出し額が50,000円未満ならさらに250円
  • 銀行へ直接振り込みは、手数料は$0.99

支払いスケジュール

支払いスケジュールは、「日数」と「金額」で決めることができます。

「日数」は、

  • 四半期ごと
  • 月ごと
  • 月に2回ごと
  • 週ごと

この4つから選び、「金額」は、
$100から$1,000の範囲内で$100ずつ区切って決められます。

なるべくまとめて送金したいという方は、
「四半期ごと(QuarterlyQ)」と「1,000.00 or more」」を選択しましょう。

なるべく送金はまとめて、送金手数料を節約しましょう!



にほんブログ村 にほんブログ村へ