子育て

悩み、不安に押しつぶされそうな日々から救ってくれた本【反応しない練習】

なかなか収束しないコロナと、長引く梅雨。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

毎日1歳児と一緒にいると、外に行っても雨に降られたり、公園に行っても蚊だらけだし、遊具は濡れて使えないし、
晴れたら暑くてやる気を奪われ、コロナで気晴らしに遠出というのもできず、どう過ごそうか迷う毎日です。

そんな中、最近読んだ本でとても参考になったのがこちら。

読まれた方も多いかと思います。
Youtubeでブックレビューもたくさん出ていますね。

暗いニュースが多い毎日ですが、この本で解説していることを実践してみると、少し気持ちが楽になると思います。

結局自分の妄想に過ぎなかった

考えても仕方のないこと、考えても何も解決しないことは、基本的に考えていません。

ママ友に

「来年担任の先生誰になるのかな~?」

「去年は、〇〇ちゃんと一緒だったから、来年は〇〇ちゃんと離れちゃうかな~?」

という会話を延々と繰り返す方が複数いるのですが、正直この手の会話は苦手です…。

どんなに推測したところで何の成果もないし、推測が当たろうが外れようが何も変わらないからです。

だから普段私は、こういう生産性のないことは考えないようにしていると思っていたのですが、気が付くと家事をしている時や、お風呂に入りながら、あれこれ考えている自分に気が付きました。

これがすべてポジティブなものなら別にいいのですが、結構ネガティブなことばかりを勝手に妄想していたのです…。

 

クラスに馴染めない息子の「支え」になったものあまり社交的ではない6年の息子。 クラスの強い子からいじられやすいキャラクターです。 特定の友達はいなくて、恐らく一...

 

 

特に子どものことで心配事がある時は、悪いことばかりを考えてしまします。

この本に、様々な悩みを引き起こしているものは、結局私たちの「心の反応」が原因であるため、無駄な反応をしないようにすれば、いつも心の平静さを維持できると書かれています。

 

確かに自分を客観視してみると、心配事や悩んでいることは、すべて私の頭の中だけで起きている悪い妄想でしかなく、考えても仕方のないことなんですよね。

反応しなければいいことだらけだった

この本を読んでから、自分が何かについて考え始めた時点ですぐ

「あ、反応している!」

と思えるようになりました。

今までいかに周りの出来事に反応していたことか、自分でもびっくり。

 

 

考えて解決策が出ることは考える。

そうでなければ反応しない。考えない。

 

 

 

そう思えると、日中家族の心配もしなくなり、家族が帰宅しても元気に笑顔で迎えられることが確実に増えました。

 

「反応している」と自覚できれば、どんどん反応しないようになってくるので、自分の時間を純粋に楽しめることが増えます。パワーがチャージされる感じです。

 

周りにいちいち反応していれば、こうした時間さえも知らず知らずに奪われていたんだと気が付きました。

 

 

独身の時は、自分のことだけにフォーカスしていられましたが、結婚して子どもを持つと、家族の悩みや心配事も増えますよね。

子どもの健康状態や、勉強・進学、習い事、家計の管理に老後のこと…

「悩みが多すぎて体がいくつあっても持たないな」

「一つ解決したら今度はこっちか・・・」

という感じでは、精神的に持ちません。

 

今の時代は、SNSやネットの記事にも振り回されがちですが、不必要に反応せず、自分を見失わないようにしていきたいと思います。

 

反応しないようになると、無駄なことに悩まない良い脳の習慣がついて、毎日が楽になったよ
にほんブログ村 にほんブログ村へ