マネー

【主婦の悩み】収益に直結するかわからないことに投資する後ろめたさ

収益に直結しないこと

私は長らくクラウドワークスなどを使って在宅で仕事をしていましたが、最近は観光業に携わっていたので、コロナでほぼ失業状態となりました。

小さい子どもがいてもスキマ時間でどうにかこうにか仕事ができていたので、数年この仕事を続ける予定でしたが、コロナが落ち着いて外国人観光客が戻ってくるまでは仕事はありません。

 

コロナは収束の目途が立たないのでブログを書き始めたのですが、最近は動画作りもしてみたいと思うようになりました。

でもこれがちょっと夫には言い出しにくい。

 

理由は、

「ブログで結果が出ていないのに、動画に手を出すの?」

 

と、呆れられそうだから。

 

専業主婦だから夫に「資産運用」の話が切り出しにくかった主婦のみなさん、お金の管理ってどうされていますか? 私は「生活費の大まかな管理はしているけど、資産運用に関しては夫に一任」という状...

 

現在の自分は失業状態…。

夫の了承を得てブログ開設に1万円くらいかけました。

結論から言うと、アフィリエイトのセルフバックで元は取ったという状態なのですが、

そんな状態なのに動画作りでまた初期投資するのに気が引けてしまったのです。

 

初期投資をしても収益につながるかどうかわからない。

というか私の場合は望みが薄い…。

しかも現在失業状態。

動画撮影は、スマホがあればできるので、ブログほど初期投資がかからないとはいえ夫に言い出せない自分がいました。

※あ、夫は全く高圧的ではありません。

温厚で見守ってくれるタイプなのですが、私の気が勝手に引けてしまっているのです。

子どもにも同じ思いをさせていないか

ふとこの時、子どもにもこの思いをさせていないかと思いました。

「これだけお金をかけたんだから、何か成果を出せ」

とはっきり言わないまでも、無言の圧力をかけていないのか。

その空気を感じたら、子どもはきっと怖気づいて何にもチャレンジしなくなってしまうのではないか。

習い事も通信教育も何かとお金が発生するので、つい親は何らかの成果を期待してしまいますが、目に見えた成果がなくても、それを急かしたり責めたりしたらつらいですよね。

「チャレンジしたけど上手くいかなかった」

これも一つの収穫。

小学生の時に友達がテニスを習っているのを見て、親にラケットを買ってもらったんですけど、たった数回の練習でどうにも自分には不向きだと思って、きっぱりと辞めさせてもらいました。

珍しく私から習い事をしたいと申し出たので、親もある程度期待をしていたと思います。

当時小学生なりに

「新品のラケットまで買ってもらったのに申し訳ないな」

と感じたのを覚えています。

子どもでもこういうのって、親に何も言われなくても感じるんですよね。

自分が今回動画作りをしようと思ったのをきっかけに、子どもの頃を思い出したので

親として気をつけなければなと感じたところです。

 

ということで

私はスマホで動画撮影するためのダイソーの三脚を500円で購入しちゃいました。

4段階で高さ調整ができて、しかも335グラムと軽量なのでこれは便利。

安定感も抜群です。

 

 

 

最初は、この500円の三脚を買うのすら後ろめたさを感じてしまいました。

 

もちろん動画を作っても、結果はしばらくひどい状況…

いやずっと報われないかもしれません(^^;

でもやっぱり

 

「人生やらぬ後悔よりやる後悔」

 

自己分析で過去の自分はチャレンジしまくっていたのに、今の自分は失敗を恐れてチャレンジできていないことに気が付いたので、ブログも動画もチャレンジしてみようと思います。

幸せになるための自己分析九州の豪雨でかなりの被害が出ていますね。 この暑さと、コロナと、あの泥水の処理と…どんなに大変なことかと思うと心が痛みます。 少しです...

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ