ライフ

2人目の赤ちゃん、どうしよう。3学年差、歳の差兄弟のリアル

「二人目ってどうしよう」

「そろそろ兄弟も欲しいと思うけど二人目育児できるかな」

育児って一人育てるだけでも大変な労力、時間を割かなければならないので色々と悩みますよね。

我が家には、現在6年生、3年生、1歳10か月の3人の子どもがいるので、

  • 3学年差の育児
  • 年齢が離れた育児

の両方を経験中です。

二人目の妊娠、育児についてのお悩みをQ&A方式でまとめてみたので、参考になれば幸いです。

※あくまで経験に基づいてまとめた個人的な意見ですのでご了承ください。

妊娠について

私は、三人とも正常分娩で産んでおり、ざっくりそれぞれの出産についてまとめるとこんな感じになります。

妊娠するたびに妊娠経過って違う?

違います。

特に一人目の出産から時間が経っていればいるほど、自分も身体的に衰えているので一人目の妊娠の時にはなかったトラブルなどがでる可能性があります。

具体的に私の場合は、

【一人目】20代で出産。逆子になったものの途中で戻る。他に異常はなし。

【二人目】30代前半で出産。羊水がやや多めだったが異常なし。

【三人目】30代半ばで出産。羊水過多。妊娠糖尿病の疑いで検査を受けるが陰性。その他妊娠後期は足のむくみや静脈瘤、夜中のこむら返りが頻発。

といった具合です。

私の場合は、一番上と末っ子の歳の差が11歳もあったのでその変化はハッキリ身体に現れ、年齢が上がれば上がるほど症状もつらかったです。

妊娠糖尿病とは

軽い糖代謝異常です。 なお、妊娠前から既に糖尿病と診断されている場合や、妊娠中に明らかな「糖尿病」と診断された場合は妊娠糖尿病より重度の状態ですので、血糖をより厳密に管理する必要があります。(参照元

二人目妊娠のつわりはどう乗り越えた?

三人とも一日数回吐いていましたが、特に二人目のつわりは、上の2歳半の子どもの外遊びに行かなくてはいけなかったのが一番つらかったです。

上の子がある程度「つわり」を理解してくれると助かるのですが、特に3歳ぐらいまでは、周りのサポートがないとつわり中は結構しんどいと思います。

私は体調が悪い日は無理せず、室内用のオモチャを用意したり、時間を決めて動画を見せたりしていました。ただただ、来る日も来る日も耐え忍ぶ…といった感じでした(涙)

出産に向けて何か準備した?

祖父母に慣らせる

里帰り出産を予定していたので、自分が産後に入院中一人で祖父母と寝泊まりできるように慣らしておきました。

特に2歳ぐらいのイヤイヤ期を預けるのは、祖父母にとってもかなり負担になるので、早目に慣らしてその子のこだわりについてや、イヤイヤスイッチが入った時にどう対処すればいいのかなどを練習しておいてもらった方がいいと思います。

身支度が一人でできる練習

一つでも多く身支度を自分でやってくれると母は大助かりなので、

「洋服を着る」「靴を履く」「歯ブラシを持ってくる」

など、日常生活の中でできそうなことは自分でできるように練習を促しました。

二人目を出産した後は、なかなか上の子にじっくりかまってあげられないので、二人の時間を大切にしながら、教えられることは全部教えておいた方が良いですよ。

もうすぐ赤ちゃんが産まれることを何度も話しておく

出産はいつどこで始まるかわかりません。
陣痛が始まったらどういうことが起こりうるのか、子どもの年齢に合わせて何度も話しておきました。

特に三人目の出産時は、上二人が小学生だったので、

  • 下校時にお母さんがいなかったら病院に行った可能性もあるので、そのまま家で待機
  • 突然破水する可能性もあり、その際は祖父母と家で待っていること

など、具体的に起こりうることを話して、その際どうしてほしいのか話しておきました。

それと同時に、夫や祖父母にも学校や習い事などのスケジュールもある程度把握しておいてもらって、突然私が病院に行かなくてはならない状況になっても対応できるようにしておきました。

子どものクラス名、担任名、習い事一覧などをまとめて表にしておくとわかりやすいよ。

何を買い足せばいい?

二人目以降は、ママ友などから使わなくなったオモチャや洋服などを譲り受けるチャンスが多いので、あまり急いで買いそろえる必要はないと思います。

特に子どもの年齢差が10歳ぐらい空いていると、すでに処分してしまったものも多いと思いますが、身近なママ友に幼児用オモチャやベビー服を処分しようとしている方がいる場合もあるので、オモチャや洋服などは後回しで良いと思います。

私は、ベビーバスやベビーベットもレンタルだったので、敢えて買い足した物と言えば、肌着ぐらいでした。

また「一人目の時にたくさん使ったから二人目の時も絶対使う」とは思わない方が良いです。
私の場合、一人目がすごいよだれの量で、何枚スタイがあっても足りないくらいだったのですが二人目はほとんど出ず、たくさん用意したスタイが無駄になってしまいました。

また、上二人の時にバギーを多用していたので、三人目の時は新たに購入しましたが、ほとんど使う機会なく抱っこして自転車移動が主だったのでこれも失敗したなと思いました。

【ポイント】

  • 二人目は、ママ友からベビー服やオモチャは譲り受けるチャンス大
  • 上の子でよく使ったものは、下の子でも多用するとは限らない

二人目は計画分娩した?

私は、全員計画分娩(人為的に分娩日を決めて分娩誘発を行うこと)しませんでした。
「実家がすぐそばだった」というのが大きい理由ですが、万が一陣痛時に祖父母が留守であっても、同じマンションのママ友に、とりあえず子どもを預かってもらえるようお願いしていました。

陣痛タクシー

事前に出産予定日や住所、病院などの情報をタクシー会社と共有することで、陣痛時に速やかに病院まで送ってくれます。ドライバーは妊婦さんの送迎に関する講座を受けているので普通のタクシーを呼ぶよりずっと安心できると思います。

妊婦検診は下の子を連れて行った?

内診がある時は、実家に預けていました。

病院も上のお子さんを連れて検診に来る妊婦さんのためにオモチャを用意していたり、看護師さんが内診の時だけ面倒を見てくれるところもあるので、不安だったら事前に電話で上の子を連れて行っても大丈夫か聞いておくといいですね。

お腹の出方って違う?

出産経験が増えるたびに大きくなる具合も早くなりました。三人目の時には、まだ出産まで数か月あるのに「もうすぐ出産?」と言われたことも…。

二人目以降はお腹の大きくなり具合が早いです。

出産について

一人目が安産だったから二人目も安産ですよね?

そうとも言えません。出産は、毎回異なります。

先ほどの表をもう一度見て頂くと、

  • 分娩時間
  • 予定日と出産日との誤差

にかなり違いがあることが分かると思います。

私の場合、二人目がすぐ産まれたので、三人目は超スピード出産になるんだろうと思っていましたが、意外や意外、なかなか赤ちゃんが出なかったので陣痛促進剤を初めて使いました。

「一人目がこうだったから二人目も」という推測は、あまり当たらないと思った方が良いと思います。

二人目の出産、下の子は立ち会える?

事前に病院と要相談です。上の子が「出産」について理解し、夫も一緒に立ち会うのなら、子どもも立ち会うことが可能であるところもあります。

私の病院はOKだったので、三人目出産の時にこの貴重な体験をしてもらいたいと思ったのですが、子どもが出血を見たらキャーキャー騒ぎそうだったので、色々考えて結局は立ち会わせませんでした。

結果的には、分娩時間が予想以上に長かったことと、陣痛促進剤でかなり私が痛がったので、子どもには見せなくてよかったかなと思います。

産後1ヶ月について

二人目は里帰りした?

1ヶ月だけ里帰りしました。
ただ、上の子のストレスや赤ちゃん返りもあって、1ヶ月で自宅に戻りました。慣れない環境に加え、赤ちゃんが急に仲間入りするので、3学年差だと上の子はやはり赤ちゃん返りをします。

三人目は夫のサポートが得られたので、里帰りは一日もしませんでした。当時小学4年と1年の兄妹もお手伝いをしてくれたので、上のお子さんが大きいと二人目以降は一人目よりも楽に感じることができると思います。

10歳ぐらい離れると、赤ちゃんを一時的に抱っこしてくれたりするので、ちょっとしたことを手伝ってくれるというのは、すごく心強い存在です。

上の子は、赤ちゃん返りした?

二人目が産まれた時は赤ちゃん返りをしましたが、三人目の時は上二人が小学生だったのでほとんどありませんでした。
年齢差があまりないと多少なりとも上の子は「お母さんを取られて寂しい」という気持ちがあると思うので、産後は上の子の気持ちを最優先に動いていました。

子どもが欲している時に満たしてあげると、その後の育児もスムーズに進みます。

その後の育児について

上の子、下の子、どっちに生活合わせるべき?

基本は上の子の生活に下の子が振り回されます。

上の子が幼稚園や保育園に通っている場合は、毎日の送迎や行事に参加せざるを得ないので、下の子の年齢に合わせた活動が難しくなります。

二人目の時は、お昼寝の時間が上の子の幼稚園のお迎え時間とかぶるので、いつもおんぶで寝かせてそのままお迎えに行っていました。

下の子は下の子でうまく環境に適応するので、心配しなくても大丈夫!

下の子にも背中スイッチってあるの?

我が家は全員ばっちりありました(涙)

下の子って上の子が騒々しくてもポンと布団に置いたら寝るようなイメージありませんか?

うちはそんな理想とはかけ離れていて、うるさくすれば普通に起きるし、布団に置けばぱっちり目を覚ましていました。

二人目は、日中ずっとおんぶしているんですが、こういうものですか?

はい。

上の子の生活リズムで動くので、お昼寝タイムも外出先というのが多かったりして、二人目以降はベビーカーや抱っこひもで昼寝というパターンが多いと思います。

二人目は、上の子の幼稚園のお迎えの時間とお昼寝の時間がかぶっていたので、ほとんどおんぶで寝ていました。
三人目は、上2人の小学生が学校行っている間におんぶで昼寝をさせています。昼寝中に子どもたちが帰宅すると音で起きてしまうので、おんぶで眠りを深くさせています。

二人目あるある

二人目以降は写真が少ない

子ども同士の年齢が近いほど育児に追われる毎日なので、二人目以降は上の子と比べて写真や動画が少なくなりがちです。

毎日変化がないように見える育児も、半年、一年も経つと、写真や動画を通じてお子さんがぐっと成長した姿を確かめることができます。
意識的に二人目以降も一瞬一瞬を写真に収めてあげるといいと思います。

一人目と二人目の親の熱量が違い過ぎる

「どうしてあんなに一人目は頑張れたんだろう」
と思うぐらい二人目の育児は適当になります。
離乳食を毎回手作りしたり、毎日毎日公園に連れて行ったり、雨の日も傘さしてお散歩したり、絵本の読み聞かせを毎晩したり…

二人目以降は時間的にも精神的にも、体力的にも一人目と同じように育児をこなすのは難しかったのですが、逆に「いい感じに手抜き」をして育児に取り組めたかなとも思います。

一人目と同じようにしてあげられない部分はたくさんありますが、二人目はお兄ちゃん、お姉ちゃんがいつも遊び相手になってくれたり、上の子の行事に一緒に参加したりなど、上の子が体験できなかったことを体験できるので、トータルで見るとバランスは取れていると思います。

3歳差、11歳差の良し悪し

3歳差のメリット
  • 大変だけど育児が短期間で一気に終わる
  • 育児用品や洋服、オモチャが使いまわせる
  • 旅行先やレジャースポット選びがしやすい

年齢差がかなりあると、例えば夏休みの旅行先も選びにくくなります。
上の子に新しい体験をさせたいと思うと、下の子が退屈になりその逆も然り…。

また、3学年差は受験が重なるのでそれを良しと捉えるかどうかは各家庭によりますが、教育費は一時的にかさみますね…。

11歳差育児のメリット
  • 上の子が結構面倒を見てくれる
  • 上の子が通園通学している間は、下の子だけに手をかけられる
  • 教育費がかかる時期が重ならない

デメリットは、とにかく育児期間が長いことですが、上の子がとてもいい遊び相手になってくれるのでとても助かっています。これは、兄弟がいる最大のメリットです。

子どもにとっては、親と遊ぶより兄弟で遊ぶ方が刺激もあって面白いことが多いですもんね。1対1で常に子どもの遊び相手をするのと、10分でも兄弟同士で楽しく遊んでくれるのとでは、結構親の負担も違います。(別の負担も多いことは事実ですが…)

それぞれの育児についてまとめてみましたが、一つでも参考になった点があれば幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ