ライフ

粉末だから簡単!ぬか漬は、欲しい時に欲しいだけ

暑い日が続くと食欲も落ちてしまいますが、みなさまご飯に何か工夫をされていますか?

私は最近「粉末タイプ」のぬか漬けにハマっていています。

以前袋のまま漬けられるぬか床を使っていたことがあるのですが、途中で飽きてしまい、手入れも面倒であまり長続きせず終わってしまいました。

そこで。

今回は、粉末タイプのぬか漬けに挑戦してみました。

作りたい時に作りたい量を作れるのが粉末タイプの最大のメリット。
実際ぬか漬けを作ってみて、使い方や食べた感想をシェアします。

ちょっと食べたい時に便利!

ちょこっとぬか漬けのススメ

ぬか漬けって何が体にいいの?

ぬか漬けにすると、米ぬかに含まれているビタミンB1が野菜の中に浸透するので、生野菜を摂取するよりも栄養価が高いと言われています。
さらに植物性乳酸菌が豊富に含まれているぬか漬けですが、ヨーグルトで摂取するよりもぬか漬けで摂取した方が体内で生き残る割合が圧倒的に高いということも分かっています。

乳酸菌を効率的摂取し続けると、結果的に便秘の解消、肌荒れ予防になるという結果も出ています。(参考

塩分過多には注意

ぬか漬けというと気になるのが塩分です。

白いご飯との相性も抜群ですので、ついつい食べ過ぎてしまいますが、一日の摂取量としては、3切れぐらいがいいようです。

食べ過ぎると体がむくむので注意!

ポリ袋で食べる分だけ【ぬか美人】

過去に袋のまま漬けられるぬか床を使ったことがあります。
容器もいらないので便利だったのですが、定期的なかきまぜや、省スペースとはいえどもドーンと袋が置いてあるのがちょっとマイナス点だなと感じていました。
また、お手入れを怠ったら腐らせてしまう原因になってしまうので、結局長続きせずぬか漬け生活は終わってしまいました…。

そこで出会ったのが粉末のぬか床【かんたん ぬか美人】というもの。

これは、糠を乾燥させて粉末にしたものなので、使う時は適量を水と混ぜて軽く練ってから使います。

袋ごと漬けられるタイプのぬか床の賞味期限は、未開封時で約半年に対して、
粉末タイプのぬか美人は、約1年持ちます。

ポリ袋に25グラムの粉末を入れ、水30mlを混ぜればぬか床が完成。

素人だとぬか床を腐らせてしまう心配もありますが、毎回食べる分しか作らないのでぬか床を腐らせる心配もいりません。

この中に切った野菜を入れて軽く揉み、常温で90分寝かせれば完成です。

90分経ったら、ざるを使ってしっかり糠を洗い落とします。

糠を落としても栄養は野菜の中にしみこんでいるので問題ありません。

初回購入には、お試しの袋が3袋ついてきますが(上記写真)、1回分にぬか美人が25グラム入っているので、これを水30mlを混ぜるとキュウリやナスは2本漬けられます。

塩加減は漬ける時間で調整可能

薄味が好みの方は、まずは1時間で漬けてみてください。規定時間の90分を超えると結構しょっぱくなるので、くれぐれも漬け時間に注意。

食べきりたいなら12グラム、15mlがオススメ

ぬか漬けは、漬けたら半日ぐらいで食べきった方が良いそうです。

となると、我が家は大人しか食べないし、しかも塩分を気にするなら一日の摂取目安量は3切れ程度なので、粉末12グラム(大さじ1.5)を水15mlで練って使うのがちょうどいいかなと思います。

これなら、キュウリやなすなら1本漬かる量なので、早いうちに食べきれます。

【100均の計量カップが便利】
糠を少量で量る時は、ダイソーで売っているミニ軽量(上記写真)カップが便利。
大さじ、小さじはもちろん、横にはmlのメモリがついているので、糠や水の分量が一気に量れます。

たまごやセロリのぬか漬け

ぬか漬と言えば、私はキュウリやダイコンというイメージでしたが、色々調べてみると茹でたまごやセロリも美味しいというので早速作ってみました。

ゆで卵もセロリも今回は1時間だけ漬けてみました。

ゆで卵は、ほんのり茶色く色がつき、味は程よい塩加減で思っていたより好相性

漬ける時間が1時間だったので、ぬか漬けの香りもきつくなく、言われなければぬか漬けしたとはわからない程度だと思います。

ゆで卵にただの塩をつけるよりは、ぬか漬けの方が体に良さそうなので、これは漬ける時間があれば今後も作りたい一品でした。

簡単!ツルっとむける省エネゆで卵の作り方
  • 卵のおしりをコツンとヒビを入れます。
  • 鍋に2センチぐらい水を入れて、そこに卵を入れ蓋をしめます。
  • お湯が沸騰する30秒くらいまで中火。
  • 沸騰したら、弱火で10分。あとはお好みに合わせてしばらく蒸らす。

セロリは、強いシャキシャキ感がぬか漬けによって弱まり、さらにセロリ独特の臭みも和らぎました。
ごはんにのせて頂くというよりは、副菜、サラダ感覚で頂く方があっているかなと思います。



気まぐれに作りたい人におススメ

今回初めて粉末タイプのぬか漬けに挑戦してみて気が付いたメリットは

  • 消費期限が1年と長め
  • 作りたい時だけ作れる
  • 少量ずつ作れるので冷蔵庫内でも場所をとらない
  • ぬか床の管理が不要、腐らせる心配がない

ちょこっと、食べたい時だけすぐ漬けられるというのが最大の魅力でした。

マイブームでぬか床買ったけど、しばらくして飽きてしまい、ぬか床を腐らせてしまったりする…なんていうこともないので気軽に作れます。

中途半端に余ったキュウリ、なす、人参、大根など、少量で漬けられるのは助かる!

使い切りだから無駄がない

初回限定で大袋1つと個包装3つが送料無料で1,080円。

きゅうり、ナスが1本ずつ漬けられる25グラムを1回分とすると、
大袋175グラムと個包装25グラム3つなので、10回分漬けられます。

私のようにさらに小分けで漬けたい人(12グラムずつ)は、20回分という計算になるよ

夏場、なるべく火を使わないでもう1品作りたい時にも、箸休めにあると便利ですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ